HOMEへ
91年式 マセラティ430 AT フル装備 走行距離 6.7万km 黒革シート サンルーフ 取説・整備記録あり 修復歴なし 車検18年6月
 ご覧頂きありがとうございます。91年式マセラティ430が入庫致しました。中学生の頃某漫画で71マーク2ツインターボとビトルボ ESがバトルするシーンがあり強烈な衝撃を受けた事を今でも鮮明に憶えております。その時依頼「ビトルボ」という響きに憧れていつか乗ってみたいと思い続けてまいりました。そしてこの度漫画に登場したESとは異なりますが正真正銘の「ビトルボ」であります430を仕入れる事ができました。この車は今まで何台か見て参りました同年代マセラティの中でも極上の部類に入る程度の良さです。特にマセラティの命とも言える内装に関しましては文句無しの品質を保っております。また後述致しますが新車時のケース、取説、平成6年〜16年までの整備記録もあり前オーナーが大事にされていたことが感じられます。機関も良好でビトルボがしっかり仕事したときの加速は現代のターボ車に比べたら見劣りしますが不足のないしレベルと言うか十分速いです。エアコンもばっちり効きます。現在の不具合箇所はリアパワーアンテナと右リア集中ロックの不良だけです。車検も一年半残っておりますので是非この機会に貴方の車歴にマセラティを加えてみては如何でしょうか。安い価格でお譲り致しますが内装ボロボロの嫌悪感を抱くような粗悪なマセラティではございませんので遠方の方でも現車確認無しで入札していただいて大丈夫です。またお近くの方は是非試乗にいらしてください。
外装
外装に関しては左ドアに再塗装歴がございますが言われて目を凝らして見ないと気にならないレベルです。その他は数箇所エクボがある程度で目立つような大きな傷や凹みはございません。現状のままでお乗り頂けます。
室内
このような内装を「フルレザーインテリア」というのですね。ダッシュボードが革張りなのは知っていましたがピラー、サンバイザーまで革張りとは知りませんでした。しかもそれらに擦れや破れはございませんので程度の良さに驚かれることでしょう。リアトレイはアルカンタラ張りでこれも綺麗な状態です。マットは純正品の様でフロア形状にフィットしております。旧いマセラティ=室内が傷んでいると言うイメージはオーナーの乗り方次第だと言うことが良くわかりました。

ドア内張り
ドアの内張り4枚に浮きや割れはございません。ドアで目に付く樹脂部品はドアロックのノブ部分くらいでそれ以外は革・本木・アルカンタラで構成されております。運転席ドアにある電動ミラーのスイッチも正常に作動致します。
シート
座面黒革、サイド部アルカンタラで構成されております。全てのシート共に擦れや破れはございません。どうでも良いのですがセンターコンソールの蓋のモコモコっとしたデザインがパンの「コロネ」をイメージさせます。
天井
天井も総アルカンタラ張りです。勿論染みやタレはございません。サンルーフもご覧の通りきちんと開閉致します。しっかりチルト機構も備わっています。
シフトレバー周辺
金時計
有名なラサール製の金時計は14年経った今でも静かに時を刻んでおります。この時計、イルミネーションが点かないと思ったら時計専用のイルミネーションスイッチがありました。これはきっと隣に乗せた女性に時間の事を気にして欲しくないという男の気持ちが設計に反映されたのだと勝手に理解しております。シフトレバー周辺も革張りで綺麗な状態を保っております。3つ並んだスイッチは運転席パワーシートのスイッチです。勿論きちんと作動致します。
ステアリングホイール メーター
ウッドステアリングの表面にクリアの剥げは無く綺麗な状態です。シフトノブの表面が少しくすんでおりますが気にならないレベルです。メーターですがご覧のとおりスピードメーターとタコメーターの針が退色して手前に反っております。またタコメーターの0位置がずれております。今まで見てきた多くのマセラティも同様でしたので持病のようです。但し最初は気になるかもしれませんが暫く乗ると気にならなくなると思います。事実私がそうでした。
トランク
トランクもご覧の通り綺麗です。
エンジンルーム
エンジンルーム内にオイルの漏れ、にじみはありません。大変綺麗な状態です。エンジンフードの内張りも綺麗です。実際100kmほど高速、一般道、一般道渋滞を走りましたが水温も安定しておりました。重いGASペダルをグイッと踏み込み過給が始まってからの加速が予想以上だったことは中学生の頃から「ビトルボ」に憧れていた私にとって大変嬉しい出来事でした。ボディ剛性も予想以上に高くよじれる感じはありませんでした。
タイヤ・ホイール
左前 右前
左後 右後
ホイール4本共に大きな傷はありません。タイヤの残り山は3分です。
取説・整備記録
今となっては貴重な取説もきちんとございます。当時マセラティの正規代理店だったガレージ伊太利屋のケースもございます。整備記録は平成6、8、12、14、16年とございます。5.1万km時にタイベルを交換しております。その他交換部品の記録もございます。
その他
マセラティのエンブレムとステップのマセラティの文字です。こんなところもマセラティしてます。
このマセラティは車両の性格上店から離れた屋根付ガレージで保管しておりますので現車確認を希望される方はご来店の3時間位前にお電話を頂けると助かります。
最近ヤフーオークションに出品する前の電話での問合せや出品直後の即決交渉で決まる場合が増えております。また即決交渉ができたのならはじめからそう言ってくれというお叱りの言葉も頂いております。実際に先日のプジョー605は詳細をアップして3時間後に成約となりました。今回のマセラティに関しましても即決価格を決めておりますのでお急ぎの方は是非お問合せ下さい。皆様が大体予想できる価格で即お譲り致します。今では業者オークションにもめったに程度の良いビトルボシリーズは出て参りません。お探しの方はこの機会をお見逃し無く。試乗等大歓迎ですのでお気軽にご連絡下さい。

連絡先は
03−5317−1516
お急ぎの方は
090−8644−4620
メールの方は
autoromansasaki@ybb.ne.jp