HOMEへ
 私が初めて「昔乗ってみたかったあの車」を手にしたのは社会人1年生の時でした。
車は91年式プジョー405Mi16です。この車を「欲しい!」と思ったきっかけは輸入され始めた頃の記事を雑誌「ル・ボラン」で読んだことです。それから8年が経った97年の春私はMi16を手に入れました。初めて私の前に現れたMi16を見て鳥肌が立ったことを憶えています。JR吉祥寺駅での出来事でした。商談を終えて再び吉祥寺の駅までMi16で送ってもらったのですが私を降ろし走り去っていくMi16の後姿を今でも鮮明に憶えています。
 Mi16にはそれから4年間乗りましたが後にお話する諸事情で乗るのをやめました。でもそのMi16は今実家の青森の納屋でナンバーを付けた状態で保存しています。今でも定期的に父親がエンジンをかけて調子をみています。
 乗るのをやめた次の年は学生時代にはじめたダートトライアルの勝負の年だと考え競技車を新車で製作し(ランエボトミマキネン)移動用に自分でセフテーローダーまで購入したのですが結果は思わしくなく果てには練習走行中に転倒してしまったのです。ラリー車用の車両保険に入っていたので経済的には痛くもなんともありませんでした。事実転倒しながら「次何に乗ろうかなー」と考えていました。そんな時です。こいつと出会ったのは。
BMW/アルピナ B12 5.0

こいつも「昔乗ってみたかったあの車」の一台なのです。実はこいつに出会う前に2台ほどB12を見て回った(偶然中古車雑誌に出ていた)のですがどちらも既に売約済みだったのとロングボディだったのであっさり諦めが付きました。それから約半年が経ち、また偶然中古車雑誌で見つけたのがこいつです。

90年式 ニコル物 ショートボディ サンルーフ SKサウンドシステム付 ワンオーナー ガレージ保管 品川34ナンバー 記録簿、取説、ニコル車検証ケース、事故歴無し 距離7万km 

 偶然近所だった為家内と逸る気持ちを抑えて会いに行きました。店の前に止まっている姿を見て。「にやっ」と笑い即決しました。現状で良いのでとにかく安くしてくださいとお願いし車庫証明は自分でやり表示価格より安くしてもらいました。それでも相場から考えると高い買い物でした。この手の車は程度によって値段に大きな差があるので気に入ったら多少高くてもとにかく買うと言う強い意志が大切です。それに品川34ナンバーはお金を出しても買えませんから・・・。ここから先はB12の自慢話も交えて「こだわりの中古車との楽しい日々」をお話しします。皆さんにも「こういう世界もあるのかー」と思って頂けたら幸せです。

 現在B12は都内某所のガレージでランエボ(ミラー白いけどRSです。)と仲良く並んでお出掛けに備えて待機しています。ランエボは競技車両ということで現在外に出されてしまい代わりに在庫として仕入れた車を収めることにしています。ここを含めて屋根付は3台分しかないため基本的に在庫は多くても2台しか持ちません。

 B12との付合いはもうすぐ4年になりますが全くと言って良いほど私を飽きさせません。凄くいい奴です。その代わり健康を維持するにはそれなりの覚悟とある程度の財力が必要です。とは言え私はオートロマンを設立する前は普通のサラリーマンでしたので財力と言っても普通に想像できる範囲のレベルです。

 この車は一般的に良く壊れると言われる12気筒エンジンですが実際にエンジン関係で不具合を起こしたのはラムダユニットだけでその他はノートラブルです。12本のインテークが黒いのがアルピナユニットの証です。このエンジンはNAメカチューンということでエンジン始動後の数分間はなんとも荒々しい鼓動を伝えてくれます。それが終わるとアイドリングはピタリと落ち着き「旦那、準備完了ですぜ」と訴えてきます。ここに至るまでの一連の儀式が例えようもない楽しい時間です。

 アルピナと言えばエンジン、サスペンションの他に内装にも手が入っているのがオーナーにとっての悦びの一つです。この車にはブルーとグリーンのバックスキンのステッチがドアトリムとシートに縫い付けられています。その他には運転席のウッドパネルにシリアルプレートが貼りつけられています。たまにオークション会場で見かけるアルピナにこのコーションプレートがなくなっている個体があります。お気持ちはわかりますが次のオーナーの為にもそのままにしておいてあげましょう。ウッドパネルはノーマルと変わらない様に見えますがアルピナオリジナルのエルム(楡の木)なのです。ガレージ保管なので艶々です。シートもバケット形状(E34 M5と同じ形状)です。他に内装でノーマルとの相違点はメーターです。盤面にグレーのマット仕上げをし真ん中にALPINAの文字がプリントされています。それからスピードメーターが320km/h表示になっていますが正直これはやりすぎですね。300km/hで十分です。まあこれは演出と言うことで許してあげましょう。ちなみに現在の走行距離は
109,574kmです。購入後年間1万kmぺースです。

 それで肝心の走りはどうなのか、10万kmも走ってる外車は大丈夫なのか、一番気になるところです。結論を申し上げると「もうとにかく最高!」この一言に尽きます。まあここまで仕上げるのにファイル一冊にも及ぶメンテナンス履歴があるので当たり前なのですが。

 これを聞いて「やっぱり壊れるんだ、お金がかかるんだ」と思ってこの先を読むのをやめないでくださいね。違うんです壊れたからお金をかけたんじゃないんです。ここをこうしてあげたらより新車に近づくんじゃないかな、もっとアクセル操作に対してダイレクト感が欲しいよな、上の吹け上がりってもっと良いんじゃない、現行のノーマルと比べてここが劣るな、・・・。惚れ込んでしまうと次から次へとこうしてあげたいと言う気持ちが沸いてくるのです。その結果が一冊のファイルになったのです。ファイルにうっすらと見える黄色い影が最近の領収書です。内容はダイレクト感を増す為のトルクコンバーター交換です。4年間ずっと同じ工場にお世話になってきましたが弊社で購入して頂いたお客様で整備を希望される方にはこちらで実施します。ディーラーより安くなんといってもトラブルシューティング能力に長けたお店です。

 じゃあなんでそこまでして新車じゃなく中古にこだわるのか?そのわけは「中古車を車と言うカテゴリーで括れない」例えるとカメラ、時計、古着などに通じるものをもっているからだと考えているからです。お気に入りの靴、コート、カメラ、時計良いものは修理して使い続けるその感覚と中古車との付き合い方は同じだと考えています。「ディテールに神が宿る」アルピナB12が登場したときカーグラフィックの広告にこう書かれていました。もしあなたが今日街で見かけた古い車に心ときめいたのならきっとその車には神が宿っていたに違いありません。そしてあなたはその車に一目惚れしたのです。

 オートロマンの仕事はそんなあなたに代わって一目惚れしてしまった車を、私の様なあなたには昔から憧れていた車を探してくる事です。そしてその後の中古車との楽しい日々を皆さんと共有できたら中古車屋としてこれ以上の幸せはないと考えています。これからも実体験をもとに皆さんに「こだわりの中古車」との楽しい付き合い方を提案し続けて参ります。

有限会社オートロマン 取締役 佐々木義文