HOMEへ
106のS16は乗るたび楽しいねーと思わせてくれる車です。アルファほど官能的な刺激は少ないのですがこのコンパクトなボディーをマニュアルで走らせハイパワー国産車をかもる。これがこいつの楽しみでしょうか。オークションでも時々見かける車です。先日行ったオークションに白にオールペンし前後オーバーフェンダーを綺麗に取り付けたS16が出品されていました。「おっ、いいねー」と思ったのですが高くて買えませんでした。良い感じにまとまってました。肝心の相場ですが100万円は切らないんですね。高値を維持しております。
306のホットモデルが写真のS16です。でもすみません乗ったことがありません。スタイル、XSiはあるのですがS16は無いのです。この車が出たとき私はまだ405Mi16に乗っていたので勝手にライバル視していたからかもしれません。XSiであれだけ走るんだから結構速いんでしょうね。306全体に対する私の印象は外観と大きさから想像する以上に車内も広く走りもきびきびと言うよりどちらかと言うと落ち着いている感じがします。なので家族で長距離ドライブというシチュエーションも得意な車です。相場ですが走りと装備と値段を考えると最もお勧めなXSi後期仕様で80万円以上といった感じです。
映画TAXIで有名になった406ですが実際にはあんな化物のベースになるようなホットモデルすら存在しません。405時代のMi16の後継車的なグレードは残念ながらないんです。でもベーシックな2.0SVでもプジョーの走りは充分楽しめますよ。高速での余裕が欲しいならV6 3リッターがおすすめです。購入時機関の程度は当然として特に気をつける点は内装の汚れです。ベージュやグレーの薄い色がほとんどなので汚れが目立ちやすいのです。反対に綺麗なら大事にされていた車だと思って大丈夫でしょう。相場も意外に安いと感じられると思います。国産のFFセダンを中古で買われるのでしたら是非406も候補に入れてみてはいかがでしょうか。